最近の結婚事情

最近の結婚事情

一昔前は初婚の年齢が25歳前でしたが、時代と共に結婚の平均年齢が上昇してきました。平均で男性が30歳、女性が28歳と言われています。地方に行けば行くほど初婚の平均年齢が低く、都会に近づく程逆に初婚年齢が高くなるという傾向があり、東京の初婚平均年齢が一番高くなっています。

 

また、今では生涯独身を貫く人も男性に限らず多くなってきました。しかしその反面、再婚の件数が結婚の数に対して毎年上ってきているのです。

 

昔は、一度結婚したら離婚はしない、という考え方が普通でしたし、もちろん今でも愛する人と結婚したのですから生涯その人と生きていきたいと思うのが当然でしょう。しかし、最近では離婚に対する考え方が変わってきており、一度結婚したとしても離婚することでお互いに幸せになるのであれば離婚を選ぶ人も多く、また再婚も同じように離婚歴がある人との結婚は親が反対していたという風潮も少なくなってきました。

 

そのため、以前は離婚歴のある人はなかなか再婚できなかったということがありましたが、今では離婚歴があることを気にしない人の方が圧倒的に多くなりました。結婚相談所に登録する人の平均年齢は男性女性と共に大体38歳のようです。

 

 

 

昔は結婚相談所なんていう場所さえありませんでしたが、今ではこういった相談所を有効に活用して行きたいですね。時代の流れに沿って結婚の事情も変わってきましたし、出会いの場所もスタイルも変わってきました。しかし、いつの時代も素敵な人に出逢って幸せな人生を送りたいと言う気持ちは変わりませんね。